【ネタバレなし】『かがみの孤城』あらすじ・感想紹介

読書ブログ

2017年5月に単行本発売された辻村深月さん著書の『かがみの孤城』について、
あらすじと感想を紹介します!

created by Rinker
¥1,980 (2024/03/04 11:01:19時点 楽天市場調べ-詳細)

『かがみの孤城』について

ここでは、

・作者の辻村深月さんについて

・『かがみの孤城』の登場人物について

・『かがみの孤城』のあらすじについて

解説していきます!!

『かがみの孤城』の作者:辻村深月さんについて

1980年2月29日生まれで、出身は山梨県です!

幼い頃から読書好きで「シャーロック・ホームズシリーズ」や「少年探偵団シリーズ」などのミステリーや「ズッコケ三人組」や「クレヨン王国」などのジュブナイルなどを読んでいたそうです!

小学生の頃にホラー小説に出会い、その頃から小説を書いていたそうです。

代表作品は、映画化もされた『ツナグ』、『鍵のない夢を見る』などがあります。

『かがみの孤城』の登場人物

名前説明
安西こころ語り手。中1。恋愛関係のいざこざに巻き込まれ、不登校になる。
アキ中3。明るくて社交的な女の子。
スバル中3。穏やかで背が高い男子。
フウカ中2。ピアノを弾くメガネ女子。
マサムネ中2。物知りなでゲーム好きな男子。
リオン中1。イケメン男子。
ウレシノ中1。小太りで惚れっぽい男子。
オオカミさま狼の仮面をつけた小学生くらいの少女。
喜多嶋先生フリースクールの先生。20代後半の女性。
真田美織こころが不登校になった原因になった人物。
東条萌転校生。こころを裏切った人物。
『かがみの孤城』主な登場人物

あらすじにも書いていますが、7人の子どもたちが集められて鍵探しをしていきます。

なぜ、7人の子どもたちが集められたのか、気になりますね。

『かがみの孤城』のあらすじ

真田美織は、自身が好意を寄せていた男の子が、こころのことを好きだったという理由から

こころに陰湿ないじめをしていました。

そんな中、決定的な事件が起こりこころは、学校にいけなくなってしまいます。

部屋でくつろいでいると、置いてある鏡が光だし、中に入り込めるようになります。

鏡の中に入っていくと、そこには大きな城があり、オオカミの仮面をつけた少女と6人の子どもたちがいました。

オオカミの仮面をつけた少女は、「ここで鍵をさがしてもらう」といいます。

その鍵を使えば、なんでも願いが叶えられるということでした。

ただし、鍵を使ってしまえは、鏡の中で起こった出来事は記憶からなくなる

鍵を使わなければ、記憶は保たれる、という制約がありました。

『かがみの孤城』の感想

こころの視点から、物語は進んでいくのですが、こころの気持ちを汲みながら読んでいくと苦しくなるところは、多々ありました。。。

学校にいかせたいこころのお母さんとの対話や、真田美織との事件の回想シーン、こころの繊細な心情が表現されているため、本当に心苦しくなります…。

伏線がたくさん仕込まれているので、最後は驚くと思いますよ!!

一回目読んで、また読み返したくなる作品でした!!

バッドエンドが好きな方にはおすすめできません、いい話で終われます!

『かがみの孤城』まとめ

あらすじは、7人の子どもたちが鏡の世界で、夢を叶える鍵を探す物語です。

鍵探しを通じて、子どもたちは仲良くなりますが、それでも7人の中でもいざこざが起こります。

どういう展開が待ち受けているのか、読み終わったら「そうだったのかーーー!!!」となること間違いなしなので、ぜひ読んでみてください!!

created by Rinker
¥1,980 (2024/03/04 11:01:19時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
読書ブログ
とまとをフォローする
とまとの本棚

コメント

タイトルとURLをコピーしました